カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





山下ふ頭はハーバーリゾートへ 横浜市が開発基本計画を策定=神奈川新聞

2015-09-15

【国内ニュース】

神奈川新聞によると、14日、横浜市は山下ふ頭(約47ha)の再開発について、大規模集客施設、滞在型空間を含む「ハーバーリゾートの形成」を将来の都市像とした山下ふ頭開発基本計画(港湾局)を策定した。

山下ふ頭開発基本計画ではまず山下公園に隣接する約13haのエリアを先行開発し、2020年の東京五輪で一部サービス開始を目指す。ふ頭全体のサービス開始は2025年以降とした。

7月15日、横浜市港湾局は横浜市山下ふ頭開発基本計画検討委員会の森地茂委員長(政策研究大学院大学教授)から答申を得た。そして、今回、正式に策定の運びとなった。
答申はハーバーリゾート形成において、観光、MICE、文化芸術、エンタテインメント、リゾートなどを実現する八つの基本方針、3つの視点を示した。

山下ふ頭開発基本計画にはカジノを含む統合型リゾート(IR)について直接の記述はなく、「関連計画(横浜市中期4か年計画2014-2017、横浜市都心臨海部再生マスタープラン)との整合を踏まえて進める」と記した。
横浜市中期4か年計画2014-2017(政策局政策課、2014年12月策定)、横浜市都心臨海部再生マスタープラン(都市整備局、2015年2月策定)には、IR導入の検討が記述された。

横浜市では林市長、経済界とも総じてIR誘致にサポーティブである。ただし、市民の認知、理解、合意形成についてはほぼ未着手。横浜市としてもIR推進法案が未成立な状況下、慎重な対応をとらざるを得ない。
横浜市の今後の課題は、市民の認知、理解。合意形成であろう。

横浜市HP:
横浜市山下ふ頭開発基本計画
横浜市都心臨海部再生マスタープラン
横浜市中期4か年計画 2014~2017

カジノIRジャパン関連記事:
カジノ誘致へ「ぬかりなく」 林・横浜市長が意欲=神奈川新聞
横浜市:第21回 横浜経済人会議 政治、行政、経済が集結。経済界がIR誘致を提言

カジノIRジャパン

該当記事

山下ふ頭はハーバーリゾートへ 横浜市が開発基本計画を策定
記事へのリンク

神奈川新聞


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.