カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





オーストラリア:Aquis Entertainment キャンベラ 300億円改装計画 スロットマシン設置が鍵 

2015-09-21

【海外ニュース】

16日、香港のTony Fung氏が大株主であるAquis Entertainment(オーストラリア証券取引所上場)は、Casino Canberraの改装計画案をキャンベラ政府に提出した。政府は政府は改築計画案を精査し、その認可の是非を検討する。

Aquis Entertainmentは2014年12月に首都特別地域キャンベラのCasino CanberraをA$6mn(約5.5億円)で買収し、ラスベガス型IRに発展させる方針。
改装計画案の投資額はAUD330mn(約300億円)であり、カジノ、リゾートエンタテインメント、リテールなどを含む大型IRにアップグレードする内容。
8月単月のThe Casino Canberraの売上高はAUD2mn(2億円弱)に過ぎず、投資額はほとんど新規開発に等しい大型投資である。

改装計画案の最大の障壁は、カジノへのスロットマシン設置。Aquis Entertainmentは政府に対して、スロットマシンの設置許可を求めていく方針。

キャンベラ政府は域内のスロットマシンの追加に極めて慎重。Casino Canberraのライセンスはスロットマシンを設置しない条件であり、事実、Casino Canberraはオーストラリアで唯一、スロットマシンを設置していない。
これまでもCasino Canberraの前オーナーが設置を求めたが、政府は承認しなかった経緯がある。

政府がスロットマシンの追加に慎重となる理由は、1)域内に十分なスロットマシンがあり、それを増加させる社会的反発、2)スロットマシン設置が各クラブの既得権、など。

キャンベラを含め、オーストラリアでは、各団体のクラブなどがスロットパーラーを有する。そして、それはクラブ、労働組合の既得権となっている。キャンベラでは労働党が政権を持っている。

現在、オーストラリアにはカジノ市場は13施設(うち、クイーンズランド州が4つ)あり、カジノ市場規模はA$3.5bnほど(2013年推定。1A$90円とすれば、約3,200億円)。1996年以来、新しい開業はなかった。
現在、4つのIR計画が進行中。ニューサウスウェールズ州シドニーのCrown Resortsのプロジェクト(カジノはVIP-only)、そしてクイーンズランド州の三つのプロジェクトである。
ただし、首都特別地域キャンベラのThe Casino Canberraは新規開発ではないが、実質的には大幅拡充である。

カジノIRジャパン関連記事:
オーストラリア:Aquisグループ ケアンズ・ヨーキーズノブ 7,000億円IRプロジェクトが再進展へ
オーストラリア:Aquis Entertainment キャンベラ Canberra Casinoに300億円の改装計画案
オーストラリア:香港資本が2つのラスベガス型IR計画。資金調達の行方が注目される
オーストラリア:3つのカジノIRを追加し、2020年のカジノ市場はA$62億ドル規模へ

カジノIRジャパン

該当記事

Should a new Canberra casino be allowed to have poker machines?
記事へのリンク

Brisbane Times


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
G2E-2018
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.