カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





アルゼンチン:比Bloomberry アルゼンチン進出を検討。本国が苦戦するも、海外展開を積極化

2015-09-23

【海外ニュース】

22日、Bloomberry Resorts(Bloomberry)はフィリピン証券取引所にアルゼンチンへの進出の検討状況を明らかにした。21日の現地メディアThe Philippine Starの報道について、フィリピン証券取引所から内容照会を求められたことに対応。

Bloomberryはアルゼンチンに現地法人Solaire de Argentina S.A.を設立済み。Bloomberryは現地法人の94%の株式を所有。Bloomberryはアルゼンチンの観光業界の有力者であるOscar Alberto Ghezzi氏を現地法人の社長に任命した。

現地法人はアルゼンチン政府にカジノを含む統合型リゾート(IR)の設立を提案しており、現在、アルゼンチン政府、およびその委託を受けた業者の評価を待っている。

南米のカジノ市場(2013年GGR、PricewaterhouseCoopers調べ)ではアルゼンチンが突出しており、$2,894mnの規模。続いて、メキシコの$662mn、チリの$649mn、コロンビアの$548mnが続く。

Bloomberryは海外進出の第一弾として、韓国済州島に”Jeju Sun Hotel & Casino”を開業。9月に第一期、12月に第二期をオープンさせる予定。ホテル208室、カジノ2,125㎡。第二期までの改装費はUS$15mn(約18億円)。

これまでBloomberryの海外の開発営業活動先としては、韓国における追加の大型IR(政府が2015年内に2つの追加IRを選定)、日本、台湾などアジア諸国が挙がっていた。
今回、南米アルゼンチンにおける活動も明らかとなった。

Bloomberryの業績は苦しい。1-6月業績には売上高はPHP12,329mn、YoY8%増だが、当期損益はPHP1,320mnの赤字(売上高は約309億円、当期損益は36億円の赤字)。
フィリピンでは施設間競争の影響が収支に出てきた。今後さらなる施設供給増が予定されており、業績展望の不透明感が強まっている。

カジノIRジャパン関連記事:
韓国:Bloomberry 済州島Jeju Sun Hotel & Casino再オープンへ 同社初のフィリピン外の事業
フィリピン:IR3社計の1-6月業績 20%増収、赤字転落。中期的に一段と施設間競争は激化へ
台湾:フィリピンBloomberry 台湾への進出を検討。引き続き日本、韓国にも意欲
韓国:比Bloomberry 韓国側パートナーと交渉中。新たなIR2枠を巡る動きが活発化
韓国:フィリピンBloomberryが仁川空港近くの土地、済州島カジノ事業者を買収
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.