カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:ファンタシースポーツ 各州で法制化を検討する動き カジノ業界も明確化を求める

2015-09-24

【海外ニュース】

米国の複数の州において、ファンタシースポーツの法制上の位置づけを明確化する動きが出ている。マサチューセッツ州、カリフォルニア州、ネバダ州などが含まれる。

ファンタシースポーツとは、実在するスポーツ選手を組み合わせて想像上のチームを作り、個々の選手の実際の成績をベースに、チームを育成し、パフォーマンスを競うゲーム。オンラインでは、プレイヤー課金はエントリー、情報、トレードなど、運営者は賞金を設定する。
市場は急拡大。2014年には米国で3,500万人の大人が参加し、年間市場規模は40-50億ドルとの試算がある。スポーツのTV中継のタイミングで大量の宣伝が投入されてる。
DraftKings、FanDuelが大手二社である。

連邦法である2006年UIGEA(Unlawful Internet Gambling and Enforcement Act)はファンタシースポーツをスキルのゲームと位置付け、規制対象から除外した。
ファンタシースポーツが明確に合法のステイタスを得るためには、各州の関連法に準拠する必要がある。しかし、現状は多くの州ではファンタシースポーツの法的な位置づけが明確ではなく(ギャンブルの範囲に含めるか、どうか)、規制もクリアではない。

例えば、アリゾナ州、アイオワ州、ルイジアナ州、モンタナ州、ワシントン州ではファンタシースポーツは違法となる。州の規制により、現金のプライズ(賞金)が禁じられているため。

カジノ業界は若者のスロット離れに直面しているが、その一因をファンタシースポーツとしている。カジノ業界は徹底的な法規制遵守が求められるゆえに、法制上の位置づけが不明確なファンタシースポーツへの参入に慎重にならざるを得ない状況。

ギャンブルとスキルゲームの融合、両者の境界線の移動は、ギャンブルの法体系、税体系に新しいチャレンジとなる。ファンタシースポーツ、そして最近のスキル要素のスロットの流れも同様である。

カジノIRジャパン関連記事:
ネバダ州:スキル要素スロットの規制作りが完了 中長期を左右する技術革新、G2Eの目玉
米国:ギャンブル、スキルゲーム市場のトレンド ファンタシースポーツが高成長

カジノIRジャパン

該当記事

Nevada, other states reviewing daily fantasy sports legalities
記事へのリンク

LAS VEGAS REVIEW-JOURNAL


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.