カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





銀河娯楽集団(Galaxy Entertainment)の呂主席、「世界文明賞」新設=日本経済新聞

2015-09-29

【海外ニュース】

マカオのGalaxy Entertainmentの創業者かつCEOである呂志和(Lui Che Woo)氏は、環境・福祉分野で活躍した個人・団体を顕彰する「世界文明賞」を新設する。
賞金は1部門2,000万香港ドル(約3.1億円)とノーベル賞を上回る。

賞の対象は「世界の持続可能な発展」「人類の福祉増進」「積極的な人生観」の3部門。呂氏は20億香港ドル(約310億円)の私財を投じ、財団を設置し、コンドリーザ・ライス元米国務長官、ウォルフェンソン元世界銀行総裁、董建華・元香港行政長官などが理事会のメンバーに就任した。
2016年後半に第1回受賞者を決定する。

呂氏は建設資材販売業を営んできたが、2002年にマカオのカジノコンセッション(営業権)を獲得し、Galaxy Entertainmentを創業させた。
呂ファミリーはGalaxy Entertainmentの株式の約45%強を所有する。Galaxy Entertainmentの28日終値ベースの時価総額は909億香港ドル(約1.4兆円)であり、その45%強は約6,300億円に相当する。

こうした社会貢献の積極化の背景には、マカオのコンセッションの満期が近づいていることもあろう。
マカオのコンセッション保有6社は、2017年から早期償還のリスク、2020年また2022年に満期を迎え、更新されないリスクに直面する。
マカオコンセッション保有6社にとって、マカオ政府、中国政府からの評価は極めて重要である。

マカオ政府はすでにゲーミング産業の中間レビュー作業に入っており、年末までに完了する予定、そこでは、コンセッションへの方針も議論される見通し。

マカオ・コンセッション契約と今後のスケジュール:

<コンセッションの満期>
マカオ・コンセッションは2020年3月(SJM Holdings、MGM China)、2022年6月(Sands China、Galaxy Entertainment、Wynn Macau、Melco Crown Entertainment)に満期を迎える。
仮に、マカオ政府が満期後にコンセッションを更新しない場合、MGM Chinaはすべての設備を対価なしに、マカオ政府に移管しなければならない。

<コンセッションの早期償還>
マカオ政府は2017年4月(SJM Holdings、MGM China)、12月(Sands China、Galaxy Entertainment、Wynn Macau、Melco Crown Entertainment)にコンセッションを早期償還できる権利を得る。
マカオ政府は早期償還権を行使する場合、1年以上前にノーティスする必要があり、事業者に公平な賠償を支払う義務がある。

カジノIRジャパン関連記事:
マカオ:カジノ市場予測 2015年YoY32%減、2016年5%増、2017年10%増 回復期待は後退
マカオ:コンセッション6社 時価総額8.1兆円、YTD38%減 年初来安値圏 出口見えず
マカオ:IR6社計の1-6月業績 当期利益2,128億円、YoY56%減。当面は現状維持目線
マカオ:Galaxy Entertainment 1H業績 ボトムYoY66%減。新規開業コストも利益を圧迫
マカオ:現地レポート 総投資額6700億円!Galaxy Macau第2期&Broadway Macau開業
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

該当記事

銀河娯楽集団の呂主席、「世界文明賞」新設
記事へのリンク

日本経済新聞


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.