カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:ニューヨーク州 Tioga Downs 4つめのIR事業者を推奨、選定へ 当面の計画出揃う

2015-10-15

【海外ニュース】

14日、ニューヨーク州政府(State Gaming Facility Location Board)は、アップステートニューヨークに4つめのカジノを含む統合型リゾート(IR)の開発を推奨し、認可する方向となった。

推奨されたプロジェクトは、ペンシルバニア州境に位置し、現在レーシーノ(Slot-Only)であるTioga Downs Casino(所有者Jeffrey Gural氏)をIRへの改装する内容。改装後の規模は、スロット1,000台、テーブル50台、ホテル161室、6つのレストランを含む(現在スロット800台)。投資額は$195mn。

今後、政府(State Gaming Facility Location Board)が正式に承認後、州ゲーミングコミッションによるライセンス認可プロセス(背面調査など事務作業を含む)に進む。なお、先に認可された3つのIRは、年内にはライセンス付与される見通し。

ニューヨーク州のカジノを含む統合型リゾート(IR)は、民主党のAndrew M. Cuomo知事が積極推進しているプロジェクト。

2013年11月、ニューヨーク州は住民投票により、州憲法を改正し、ラスベガス式のカジノを含む統合型リゾート(IR)設置を決定した。規定では、州は当面アップステートニューヨークに4つのIRを設置し、将来的には追加で3つのIRを設置(追加はニューヨーク市も対象)が可能。

2014年12月、州政府はアップステートニューヨークに3つのカジノを含む統合型リゾート(IR)のプロジェクト選定。Thompson・CatskillsのMontreign Resort Casino(投資額$750mn)、Finger LakesエリアのLago Resort & Casino(投資額$425mn)、SchenectadyのRivers Casino & Resort(投資額$300mn)である。
そして、今回、4つめのプロジェクト選定に至った。

ニューヨーク州には、現在、5つのインディアンカジノ、9つのレーシーノ(競馬などのレース場に設置されたスロットパーラー)があるが、市場規模(GGR)は30億ドル(約3,600億円)。
しかし、州内施設のアトラクションは強くなく、ニューヨーク州、とくにニューヨーク市はアトランティックシティやコネチカット州のカジノ施設への大送客マーケットであった。

ここにきて、米国の東海岸では従来の送客元であったマサチューセッツ州、ニューヨーク州などがIRを新設する動きとなり、再び州、インディアン部族の施設拡充競争につながっている。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:ニューヨーク州 ゲーミングコミッション 年末までに最大3つのIRライセンス付与へ
米国:ニューヨーク州 4つめのIR認可に向けた公聴会 ローカルコミュニティが強い支持
米国:ニューヨーク州 3つのIRの選定プロセスに関わる最終レポートを公表
米国-東海岸:NY、MAの新規開設。競争激化を考慮し、Gravity Modelを慎重に

カジノIRジャパン

該当記事

Panel Backs Casino for Southern Tier Area of New York State
記事へのリンク

The New York Times


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.