カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ







【政治年表】カジノ・IR推進法案 1999年~2014年の流れ

年月      主な出来事
2014年12月衆議院総選挙で与党が勝利。第3次安倍政権が発足
2014年11月衆議院総選挙に向けた自民党・維新の党の選挙公約にIRの推進が盛り込まれる
2014年11月衆議院解散に伴いIR推進法案が廃案
2014年10月「維新の党IR議員連盟」(会長・小沢鋭仁元環境相)が発足
2014年7月内閣官房にIRの検討チームが発足
2014年6月衆議院内閣委員会においてIR推進法案の審議が始まる
2014年6月政府の新成長戦略にIRの推進が盛り込まれる
2014年5月安倍晋三首相がシンガポールでIRを視察
2014年5月民主党政策調査会の内閣・法務・国土交通合同部門会議がIR推進法案について
議論を再開(2014年末までに6回)
2014年2月公明党政務調査会の観光立国推進委員会がIR推進法案の議論を開始
(後に、内閣部会と共同で議論。2014年末までに8回)
2014年2月IR推進協議会設立準備委員会(委員長・寺島実郎日本総合研究所理事長)が発足
(2014年末までに4回)
2013年12月自民党・日本維新の会・生活の党の3党が共同でIR推進法案を衆議院に提出
2013年11月自民党総務会がIR推進法案を了承。自民党が党議決定
2013年6月日本維新の会が単独でIR推進法案を衆議院に提出
2013年4月政権交代を受けてIR議連を改組。細田博之元内閣官房長官が会長に就任
2013年2月「日本維新の会IR議員連盟」(会長・小沢鋭仁元環境相)が発足
2012年12月衆議院総選挙で民主党から自民党・公明党へ政権交代
2012年3月「民主党統合型リゾート(IR)・カジノ検討に係る内閣・法務・国土交通合同部門会議」にて
IR推進法案の議論を開始(全9回)
2012年2月自民党政務調査会の内閣部会・国土交通部会合同部会が統合型リゾートをテーマに
議論を開始(全9回)
2011年11月民主党政策調査会・内閣部会に「統合型リゾート(IR)・カジノ検討ワーキンググループ」が
発足。民主党内で正式にIR推進法案の議論を開始(全5回)
2011年8月IR議連が「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(IR推進法案)を発表。
参加議員に党内調整着手を要請
2011年3月東日本大震災により議論が中断
2011年1月政府の行政刷新会議の規制・制度改革に関する分科会の中間案で、
民間事業者のカジノ運営解禁が盛り込まれる
2010年8月IR議連が法案の基本的なスキームとして「国際競争力のある滞在型観光と
地域経済の振興を実現するための特定複合観光施設区域整備法案」
(略称「特定複合観光施設区域整備法案」もしくは「古賀会長私案」)を発表
2010年4月超党派の国会議員による「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連・古賀一成会長)が議論を開始(2014年末までに総会23回、ほか随時幹部会を開催)
2009年8月衆議院総選挙で自民党・公明党から民主党へ政権交代
2007年7月参議院通常選挙で与党が過半数割れ。以後、政局が混迷
2006年6月検討小委員会が「我が国におけるカジノ・エンターテインメント導入に向けての基本方針」を発表
2006年1月自民党政務調査会・観光特別委員会に「カジノ・エンターテインメント検討小委員会」(岩屋毅委員長)が発足。自民党内で正式に議論を開始(1年半・全17回)
2005年郵政民営化問題により政局が悪化。議論が中断
2004年6月議連が「ゲーミング(カジノ)法 基本構想」を発表
2004年3月地方自治体カジノ研究会が「地方自治体カジノ研究会研究報告書」を発表
2004年3月議連が各省庁担当者との協議を開始
2003年8月「第1回日本カジノ創設サミット」が石川県珠洲市で開催
(毎年、各地の誘致団体が持ち回りで2014年末までに熱海市・秋田市2回・那覇市・徳島市・常滑市・釧路市・小樽市の計9回開催。後に「日本IR創設サミット」へ名称変更)
2003年2月「ギャンブリング*ゲーミング学会」が発足(2014年末までに学術大会11回、シンポジウム9回開催(それぞれ年1回)。後に「IR*ゲーミング学会」へ名称変更)
2003年2月5都府県による「地方自治体カジノ研究会」が発足(2年・全8回)
(発足時は東京都、静岡県、大阪府、和歌山県、宮崎県。後に神奈川県も加わり、14道府県がオブザーバーとして参加)
5都府県知事が連名で鴻池祥肇防災・構造改革特区担当大臣に対し「カジノ実現のための法整備に関する要望書」を提出
2002年12月自由民主党の国会議員有志による「カジノと国際観光産業を考える議員連盟」(野田聖子会長)が議論を開始(3年・全27回)
(後に「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」へ名称変更)
1999年石原慎太郎東京都知事が都内でのカジノ開設に意欲を示し、報道等で話題となる

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.